未分類

脳に作用するポゼットの副作用

多様な薬の椀

早漏は男性にとって大きなコンプレックスの要因です。しかし、飲むだけで早漏を治療できる薬があります。

それが、有効成分としてダポキセチンが用いられている薬の数々です。

ここでは、ポゼットという薬を紹介します。

ポゼットの有効成分はダポキセチン

ポゼットは。脳に作用することでセロトニンの濃度を調整し、射精までの時間を長くしてくれるのです。

実は射精というのは、脳の働きと密接な繋がりがあります。過剰に興奮してしまうと肉体的な刺激とは別に、射精を我慢できずしてしまうということがあるのです。

そうならないようにセロトニンの分泌を促し、過剰に興奮してしまった脳を鎮静させる必要があります。

それがポゼットです。

ポゼットは飲んですぐに効果があるというわけではありません。しばらくは時間がかかるので、性行為に及ぶ1時間から3時間前に服用する必要があります。

たったそれだけで早漏を防ぐことができるのです。

過剰摂取や副作用には注意

早漏を防げるからといって飲み過ぎるのは危険ですので注意しましょう。薬には副作用がつきもので、それはポゼットも同じです。

【ポゼットの副作用】

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 腹痛

ポゼットの副作用としては頭痛やめまい、腹痛や吐き気などが考えられます。

体質によって症状が出ることもありますが、容量用法をきちんと守ってさえいれば問題はありません。

ダポキセチンは副作用が少ない薬です。重い副作用はほとんど出ません。

ポゼットはジェネリック医薬品なので低価格で使用しやすいです。早漏に悩んでいるという人はまずは一度試してみると良いでしょうか。