未分類

L遺伝子とS遺伝子を理解すれば早漏が改善できる

遺伝的な要素が身体機能に大きな影響を及ぼす事は一般的に知られています。

具体的には、手のひらに大量の汗をかいてしまう状態や、手のひらや足の裏の皮膚が角質化してしまう状態などですね

これらは遺伝子の影響で身体的な変化が顕著になるケースは非常に多くなるのです。

しかしながら、この遺伝子が影響を及ぼす身体の部位は、生殖機能に不具合をもたらすものなどもあります。

この記事では、遺伝子と早漏の関係について解説致します。

L遺伝子とS遺伝子は早漏に関係する

L遺伝子とS遺伝子は早漏にも深く関わりがあります

とりわけ、L遺伝子とS遺伝子が関与するものには、脳内での神経伝達に関連するものがあるのです。

L遺伝子とS遺伝子の組み合わせにより、脳内神経伝達物質の分泌される量に違いが出るものです。

生殖行為の面では早漏の問題とも深い関わり合いがあります。

L遺伝子とS遺伝子の組み合わせや配列による脳内伝達物質の分泌機構は、この遺伝的な要素により決まることが多いです。

この神経伝達が関与する神経伝達物質に注目することで、早漏改善などにも役立てられます

遺伝子と脳内伝達物質の分泌機構を調べることで、早漏の解決の手立てがみえてくるんですね!

脳内神経伝達は、固有の物質により精神の安定を促したり、伝達される刺激を抑制して感情をコントロールしたりするなど、様々な役割があります。

この神経伝達は、早漏改善にも大いに役立てる事ができるもので、特定の物質の分泌量を調節することができれば、射精までの時間を長くできます。

すなわち、早漏改善する事も可能ということ!

脳内での神経伝達は、ストレスにも影響しており、この精神的な負荷が及ぼす性的な欲求などとも深い関連性があります。

そのため、勃起の不具合や早漏改善において、この遺伝子の関連する脳内神経伝達の機能や、分泌される固有の物質の役割を十分に把握しておきましょう。