未分類

射精のプレッシャーの軽減が早漏改善につながる

泣いている男性

早漏のために悩んでいる男性も多いと言われています。早漏改善を行うためには原因を把握することが重要です。

この記事では、早漏の原因について見ていきましょう。

心因性早漏

早漏になっている原因の1つとして、心因性早漏があります。緊張やプレッシャーが原因となるケースです。

セックスをするときに射精で我慢しなければならないというプレッシャーを感じることによって、早漏になってしまうケースを言います。

このような症状のことを心因性早漏と言います。

我慢しようと思う心とは裏腹に射精が早くなるのです。

これらの早漏には自律神経が関係しています。

緊張やプレッシャーによって自律神経が活性化すると早漏になりやすくなるのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は興奮しているときや緊張しているときに影響する神経で、副交感神経はリラックス状態に影響する神経です。

勃起を長く保つためには副交感神経を働かせる必要があります。一方、射精するときには交感神経が働いているのです。

つまり、早漏改善を行うためには、副交感神経を働かせることが大切になります。

リラックスした状態を長くキープできれば、早漏は改善します。

そのため、早漏改善するためには、できる限り射精へのプレッシャーを軽減してリラックスしましょう。

緊張を緩和するためには

緊張を緩和するためには、興奮をコントロールするトレーニングを行って練習しましょう。

男性としての自信がついて本番でリラックスできるようになります。

刺激性早漏とその対策

早漏になりやすい原因としては、ペニスへの刺激に弱いことも考えられます。

日頃からペニスに刺激を与えて鍛錬することで慣れさせておく必要性が高いです。

特に包茎の方の場合には、亀頭の部分が敏感になりやすいと言われています。

日頃から亀頭に刺激を与えるトレーニングをすることで、自信がついて本番でリラックスしやすくなって、早漏改善につなげることが可能となります。